おにぎりに塩、スイカに塩。。でも、ゆでゆで卵の塩は役割が違う??


【問題】

コンビニの定番「おにぎり」

例えば、セブイイレブンでは、
家庭で作る味を再現する為に、
通常、塩水でご飯を炊いていることが多いのですが、、

「お母さんは塩を手に塗って、ご飯の表面に塩味を付けている」
ように、塩を振るマシーンを開発し、おにぎりを製造しています。

お米の表面に塩が付いていた方が、お米が甘く感じられ、
これはスイカに塩をかける原理と同じ。

対して、、定食屋さんの定番ゆで卵

塩も進化し、ゆで卵専用のものまで登場していますが。。
実は、この塩ですが、
ゆで卵を美味しく食べる為の味付け以外にも、
塩をかける理由があるのですが、ではその理由は何でしょう?

【答え】

答えを見る
唾液を出させるため

【解説】

解説を見る
ゆでたまごを何も付けないで食べると喉に詰まる恐れがあります。
ゆで卵の塩は、味付けだけではなく、塩を口に入れるときに
唾液が分泌される事を狙っていると言われています。

かつて、忍者がおにぎりを持ち歩くとき、一緒に梅干しをいれていたのと同じ原理。
梅干しは腐敗防止と、唾液の分泌を促しており、
水が無くとも、おにぎりを移動しながら??食べていたのでした。