海老名のメロンパン。人気獲得のヒミツとは!?

2018年12月19日


【問題】

東名高速道路の海老名サービスエリア(下り)で販売している
「海老名メロンパン」(230円、税込)が売れに売れています。
また「48時間以内で最も多く売れた焼きたて菓子パンの数」でギネス世界記録に認定されています。
4月28日18時から4月30日18時まで販売したところ、2万7503個も売れ1時間当たり573個も売れ、1分当たりでは9.5個である。
この爆発的人気になったのには、、、
実はある職業の人をターゲットにファンにさせて
口コミをしてもらった結果なのですが、
では、一体どんな人たちの口コミによって売り上げが上がっていったでしょう?

【答え】

バスガイド

【解説】

観光バスに乗っていたバスガイドさんは、乗客に案内してくれたんですよね。
「まもなく海老名サービスエリアに停車します。
ここには『海老名メロンパン』があって、ワタシも大好きなんです。
みなさんもよければどうぞ」といった感じで。

バスが到着するたびに、たくさんのお客さんがゾロゾロ出てきて、
店に来ていただけました。試食をして「おいしい」となれば、
おみやげに10個、20個買ってくれる人もいました。

「放送作家・横山龍太のアイデア研究所」より引用
https://ameblo.jp/pon-ryuta/entry-12408603668.html