日本にパンを普及させたのは徳川幕府だった!?

2019年2月3日


【問題】

朝食は、米よりパン派という人が上回る現代ですが、、。
日本人の手によってパンが作られたのは、徳川幕府の時代でした。
元々信長はパンが大好き。秀吉で禁止したパンですが、
徳川幕府の時代に復活したのです。

戦の際、米だったところ、ある不都合が生じるとの理由により、
パンにしたのがきっかけで、その後のパンが普及したのですが・・・
では、戦で米をにした時にでる不都合とはどんなものだったのでしょう?


1842年当時のレシピ

【答え】

答えを見る

煙が出ること

【解説】

解説を見る

日本には、戦国時代に、鉄砲とともに伝えられたとされています。
その6年後イエズス会のフランシスコ・ザビエルらが、
日本でもパン作りを始めましたが、キリスト教が禁じられてからは、
長崎などで西洋人のために細々と作られていただけでした。

日本で初めて、本格的にパンをつくったのは
軍学者、江川太郎左衛門。
1840年に中国で起こったアヘン戦争がきっかけでした。

イギリス軍を撃退する作戦を、徳川幕府から命じられた江川氏は、
戦争がリアルで起こった際に、兵士が戦場で食べる食事までシミュレートし
「パン」に目をつけました。
徳川幕府は、日本にも外国軍が攻めてくることを恐れ、
兵糧としてパンを作らせたのです。

米は竃(かまど)で炊くときに、煙がでます。
戦の際に煙がでれば、敵に居場所をみつけられてしまうでしょう。
ですがパンならばゴハンと違い、火を炊かなくても食べることができます。
また固いパンは、保存性と携帯性の面ですぐれていると考えたからでした。

携帯に便利でかるく、持ち運びがしやすい事も、ポイントになったのです。
こうして1842年、本格的な製パン所が創設されました。
長崎からパン職人を呼び、パンを焼かせのですが
これこそが、日本人のために徳川幕府が初めてつくった「最初のパン」。
兵糧パン誕生の瞬間でした

幸い、この非常食は活用されずにすみましたが、
このときパン作りの指揮をとった江川太郎左衛門は
「パンの祖」として知られるようになりました。

1854年に鎖国が解かれると、横浜、神戸など港町を中心に、パン作りが広がりました。
1869年、現存するパン屋でもっとも古い「木村屋総本店」が銀座に開業。
5年後には、日本独特の「あんパン」が発売され、人気商品になりました。

「放送作家・横山龍太のアイデア研究所」より引用
https://ameblo.jp/pon-ryuta/entry-12425818411.html